地球環境の保護や資源循環を考えた製品の取組みをしております。

セイホクCLT(Cross Laminated Timber:直交集成板)

CLTは、ひき板の層を繊維方向が互いに直交するように積層接着したパネルで、合板に用いるB材などから製材するひき板を活用した環境に優しい製品です。

一般社団法人 日本CLT協会

 

製品の特長

 

近年ヨーロッパを中心とした海外では、一般住宅から、中・大規模施設、6〜10階建ての集合住宅など、様々な建築物でCLTの利用が増えています。日本では、2013年12月に直交集成板のJASが制定されました。2016年3月と4月には、基準強度および構造設計法等の告示が公布され、大臣認定を取得しなくても、CLTを大規模建築物に使用できることになりました。

 

 

製品概要

平成28年6月1日現在

品名 直交集成板
JAS認定番号 JPIC-CL5(公財)日本合板検査会
製品厚さ 厚さ 45・60・90・120・150・180mm
900・1200mm
長さ 3000・4000mm
樹種 スギ
構成 異等級
種別 A種
ラミナ等級区分

目視等級区分

曲げヤング係数
及び
曲げ強さの基準
強度等級 Mx-60-9-9 Mx-60-7-7 Mx-60-5-5 Mx-60-3-3
構成の区分 9層 9プライ 7層 7プライ 5層 5プライ 3層 3プライ
曲げヤング係数
(GPa)
平均 3.2 3.6 4.2 5.2
下限 2.6 3.0 3.4 4.2
曲げ強さ(MPa) 6.8 8.2 9.8 11.6
使用接着剤 縦継 なし
幅はぎ 水性高分子イソシアネート系樹脂 (使用環境 C)
積層 水性高分子イソシアネート系樹脂 (使用環境 C)
ホルムアルデヒド放散量 F☆☆☆☆ (0.3mg/L 以下)
幅はぎ評価プライ なし

※上記製品サイズはJAS認定範囲内(厚さ 36〜450mm、幅 300〜1200mm、長さ 3000〜4000mm)で別途ご相談に応じます。