木の300%利用

セイホクは資源循環型社会(ゼロ・エミッション)の実現に取り組んでいます。木材はカスケード利用することが重要であり、「木の300%利用」が、1本の木の価値を最大限に活かすことができます。セイホクは、「木の300%利用」を実現した資源循環型の木質総合施設(木材コンプレックス)を構築し、地球環境の保護と住環境の充実を目指しています。

木材を無駄なく100%利用

セイホクは、健全な森林づくりのために間伐した国産のスギやマツなどを利用して合板・パーティクルボード・LVLを
製造します。使用する1本の「木」は、バーク(木皮)も含めてすべて利用(100%)します。

  • 木材を無駄なく100%利用

マテリアルリサイクルにより200%利用

セイホク環境テクノセンターにおいて、使用済みのコンクリート型枠用合板や建築解体材などが回収され、木質チップへ
マテリアルリサイクルされます。チップ化された「木」は、パーティクルボードの原料となり住宅部材や家具などとして
再製品(200%)としての役割を果たします。

  • マテリアルリサイクルにより200%利用

サーマルリサイクルにより300%利用

セイホクのバイオマス発電において、繰り返しマテリアルリサイクルした木材繊維の疲弊した廃木材は燃料へ
サーマルリサイクルされます。燃料となった「木」は、コージェネレーションシステムにより電力と熱源を同時に発生させ
工場や一般家庭の再生可能エネルギー(300%)としての役割を果たします。

  • サーマルリサイクルにより300%利用