SEIHOKU HOME 企業理念 会社概要 会社沿革 グループ案内 事業案内 採用案内
ISO Mail
環境事業 都市に眠る木材資源を「200%活用」します。



セイホク環境テクノセンター
木質廃材リサイクルセンターとして、宮城県石巻市に2001年7月設立。1日当たりの処理能力は450トンで、約95%がチップとして利用できます。建築解体材や捨てられる家具などを『アーバン・フォレスト(都会の森)』として捉え、新たな森林資源として活用するマテリアルリサイクルにより、循環型社会の構築を目指します。

【センター概要】
敷地面積 9000m2、鉄骨1階、
建物面積 1,100m2
処理能力 450トン/日(月間10,000トン)
業務内容 木質廃材リサイクル(チップ化)

使用済みのコンクリート型枠用合板や建築解体材などを粉砕、チップ化してパーティクルボードの原料とするリサイクルシステム。東北全域、北関東から収集した廃材をリサイクル加工し、セイホクグループの工場内で再商品化しています。それらは、クローゼットやスピーカーなどとして、身近なところで活躍します。


合板事業 LVL事業 パーティクルボード事業 CLT事業 住宅事業 物流事業 森林事業 エネルギー事業